総体ニュース

  • 印刷
陸上女子走り幅跳び決勝 5メートル73をマークし、2位に入った平野の中尾心春(いずれも撮影・中西幸大)
陸上女子走り幅跳び決勝 5メートル73をマークし、2位に入った平野の中尾心春(いずれも撮影・中西幸大)

 全国中学校体育大会第6日は22日、兵庫県尼崎市のベイコム総合体育館などで8競技があり、陸上女子走り幅跳びでは中尾心春(平野)が5メートル73で2位に入った。

 めまぐるしく上位が入れ替わった女子走り幅跳びで、平野の中尾が最終6本目に5メートル73を跳び準優勝。試合直後は「出場者ランキング1位タイだったので、自己ベストを出して1番になりたかった。悔しい」と唇をかんだが、表彰式を終えると「メダルをもらえてうれしい」と笑顔になった。

総体ニュースの新着写真