総体ニュース

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 新型コロナウイルス感染拡大による兵庫県高校総体の中止を受け、県高校体育連盟は21日、新たにバドミントン、空手、少林寺拳法の3競技でも代替大会を無観客で開くと発表した。中止になった夏季33競技のうち、これで21競技で代替実施が決まった。

 バドミントンは7月24日~8月21日に阪神、神戸、東播、西播の地区ごとにある。阪神地区は団体戦を行い、代替大会の趣旨を踏まえ、原則3年生のみがエントリーできる。残る3地区は個人戦を実施する。

 空手は3年生対象の県大会が8月9日、姫路市のウインク武道館であり、個人の形と組手を行う。感染を防ぐため、技を繰り出す際などの声出しはしない。

 少林寺拳法は県大会が8月8日に同武道館であり、団体演武、組演武、単独演武を実施。団体では演武者が同じ方向に披露し、向かい合わないようにする。(藤村有希子)

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(9月24日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 40%

  • 28℃
  • 22℃
  • 40%

  • 28℃
  • 23℃
  • 30%

  • 31℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ