総体ニュース

  • 印刷
陸上阪神男子3年やり投げ 兵庫高校新記録をマークした市尼崎の巌優作=いずれも尼崎市ベイコム陸上競技場(撮影・中西幸大)
陸上阪神男子3年やり投げ 兵庫高校新記録をマークした市尼崎の巌優作=いずれも尼崎市ベイコム陸上競技場(撮影・中西幸大)

 27日は兵庫県高校ユース対校選手権の地区予選会(学年別)を兼ねた陸上が阪神地区で行われ、男子3年やり投げは巌優作(市尼崎)が71メートル91の兵庫高校新記録で1位となった。ロンドン五輪代表のディーン元気(ミズノ)が市尼崎時代にマークした70メートル57を11年ぶりに更新した。同走り幅跳びは林倖輝(西宮南)が7メートル22でトップ。女子3年砲丸投げと円盤投げは、ともに足立弥佑華(尼崎稲園)が1位だった。

 実力を試す機会がなかった間に蓄積したパワーと思いが、やりに伝わった。陸上阪神地区男子3年やり投げ、競技の最後に描かれたビックアーチは71メートル91に達し、11年ぶりの兵庫高校新記録。巌(市尼崎)は「憧れの先輩、ディーン(元気)さんの記録を超えられてうれしい。高校に入学したときからの目標で、夢が現実になった」と喜びに浸った。

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(11月26日)

  • 17℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 30%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 17℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ