総体ニュース

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 新型コロナウイルス感染拡大による兵庫県高校総体の中止を受け、県高校体育連盟は30日、新たに体操・新体操、レスリングの2競技でも代替大会を開くと発表した。中止になった夏季33競技のうち、これで22競技で代替実施が決まった。

 体操は11月7、8日、新体操は同6、7日に、いずれも姫路市のヴィクトリーナ・ウインク体育館で県高校新人大会を兼ねて開催する。共に団体は1、2年生で競い、個人は3年生も出場できる。競技中以外はマスクを着ける。無観客とするかは未定。

 レスリングは8月22、23日に神戸市立六甲アイランド高で、無観客の県大会を実施。学校対抗戦と個人戦に全学年が参加できる。メディカルチェックでは検温も行う。(藤村有希子、長江優咲)

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(11月26日)

  • 17℃
  • 10℃
  • 20%

  • 15℃
  • 7℃
  • 30%

  • 17℃
  • 9℃
  • 10%

  • 17℃
  • 7℃
  • 10%

お知らせ