総体ニュース

  • 印刷
優勝記念の集合写真でさわやかな笑顔を見せる神戸野田ナインら=加古川市、両荘グラウンド(撮影・秋山亮太)
拡大
優勝記念の集合写真でさわやかな笑顔を見せる神戸野田ナインら=加古川市、両荘グラウンド(撮影・秋山亮太)

 兵庫県高校総体の代替大会は10日、3競技があり、ソフトボールの女子決勝は神戸野田が常盤を9-1の五回コールドゲームで破って優勝。男子決勝は滝川が10-0の四回コールドゲームで神戸野田を下し、頂点に立った。

 バスケットボール神戸地区の男子は村野工、神戸科技が4回戦で快勝し、女子は神戸龍谷、神戸高塚、神港学園、神戸星城が4回戦を制した。

 卓球は東播地区で団体があり、男子決勝は明石商が3-0で西脇工に完勝し、女子決勝は明石西が3-1で明石南を退けて栄冠を手にした。

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(9月28日)

  • 27℃
  • 20℃
  • 10%

  • 24℃
  • 18℃
  • 30%

  • 27℃
  • 19℃
  • 10%

  • 28℃
  • 19℃
  • 20%

お知らせ