総体ニュース

  • 印刷
バドミントン東播地区男子ダブルス決勝 攻勢をかける社の藤本翔悟と中岡想(左)のペア=加古川市立日岡山体育館(撮影・中西幸大)
バドミントン東播地区男子ダブルス決勝 攻勢をかける社の藤本翔悟と中岡想(左)のペア=加古川市立日岡山体育館(撮影・中西幸大)

 兵庫県高校総体の代替大会は12日、2競技が行われ、東播地区大会が開幕したバドミントンは、ダブルスの男子で藤本翔悟、中岡想組(社)が栄冠に輝いた。

 社勢対決となったバドミントン東播地区の男子ダブルス決勝は、3年藤本、2年中岡の新旧主将ペアがストレートで制した。藤本は「高校バドミントンの締めくくりとして優勝し、すっきり終わった」とひと息ついた。

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(12月1日)

  • 15℃
  • 9℃
  • 20%

  • 14℃
  • 6℃
  • 40%

  • 15℃
  • 7℃
  • 0%

  • 16℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ