総体ニュース

  • 印刷
クロスカントリー男子10キロクラシカルで優勝した村岡の和多田智樹
クロスカントリー男子10キロクラシカルで優勝した村岡の和多田智樹

 初日の借りを返した。男子のクロスカントリー・クラシカルは村岡の和多田が2位に3分以上の差をつけて完勝。得意種目のフリーで4位に沈んだ反省を生かして「優勝を目指した。タイムも40分台を切れたのでよかった」と初優勝を決めると右拳を高々と掲げた。

 10人中10番目のスタート。2・5キロの周回コースを4周する中、プランは「2周目までに(トップに)追いつくこと」だった。序盤からペースを上げ、4キロすぎで前日にフリーで優勝した報徳の尾上を捉えた。「板にもうまく乗れた」と最後まで衰えなかった。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

兵庫がもっと好きになるニュースお届けします。「神戸新聞ニュースレター」の購読は、下のフォームから。

利用規約に同意の上、登録ボタンをクリックしてください。

総体ニュースの新着写真

総体ニュースの最新

天気(5月19日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 20%

  • 24℃
  • 17℃
  • 20%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

お知らせ