スポーツ

  • 印刷

動画一覧へ
新加入の藤田直之(左から2人目)や韓国代表GK金承奎(同4人目)らがランニングなどで汗を流した=27日午前、神戸市西区、いぶきの森球技場(撮影・笠原次郎)
拡大
新加入の藤田直之(左から2人目)や韓国代表GK金承奎(同4人目)らがランニングなどで汗を流した=27日午前、神戸市西区、いぶきの森球技場(撮影・笠原次郎)

 J1神戸が27日、神戸市西区のいぶきの森球技場で今季初のチーム練習を行った。就任2年目のネルシーニョ監督の下、上位躍進を期すシーズンが始動した。

 選手やスタッフは午前9時20分ごろ、グラウンドで集合写真を撮影。その後、ジョギングを行い、韓国代表GK金承奎(キム・スンギュ)やJ1鳥栖から加入したMF藤田直之、J2水戸からDF田中雄大ら新加入選手も軽く汗を流した。

 30分ほど体を動かした後、選手たちはサポーターに囲まれ、「今年も頼むで」「頑張って」と声をかけられた。

 新メンバーとネルシーニョ監督は同日午後、神戸市中央区の神戸新聞松方ホールで記者会見に臨む。(伊藤大介)

VISSEL ニュース

天気(4月2日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ