スポーツ

  • 印刷
神戸ー湘南 前半、先制のゴールを決め藤田(14)と喜ぶ渡邉=ノエビアスタジアム神戸(撮影・中西大二)
拡大
神戸ー湘南 前半、先制のゴールを決め藤田(14)と喜ぶ渡邉=ノエビアスタジアム神戸(撮影・中西大二)

 明治安田J1リーグ第2ステージ第4節(17日・ノエビアスタジアム神戸ほか=9試合)神戸は渡辺のゴールなどで湘南に2-0で快勝、勝ち点を7に伸ばし、6位に浮上した。横浜Mは広島に終盤追い付いて2-2で引き分け、勝ち点10で首位に立った。磐田と1-1で引き分けた年間勝ち点首位の川崎が総得点差で2位、浦和は大宮と2-2で引き分け、得失点差で3位。全勝のチームはなくなった。

 G大阪-福岡、鳥栖-名古屋は無得点でドロー。第1ステージ覇者の鹿島も甲府と引き分けた。柏はFC東京を下した。

 遠藤(浦和)大島(川崎)岩波(神戸)らリオデジャネイロ五輪代表組は合宿に入るため、チームを離れる。

VISSEL ニュース

天気(5月31日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 30%

  • 30℃
  • 18℃
  • 30%

  • 29℃
  • 22℃
  • 20%

  • 30℃
  • 20℃
  • 50%

お知らせ