スポーツ

  • 印刷
G大阪-神戸 前半、先制ゴールを決め、両手を広げて喜ぶ神戸のペドロジュニオール(撮影・中西大二)
拡大
G大阪-神戸 前半、先制ゴールを決め、両手を広げて喜ぶ神戸のペドロジュニオール(撮影・中西大二)

 Jリーグ第2ステージ第9節(20日・吹田スタジアムほか=9試合)神戸は1-0でG大阪を破り、勝ち点を16に伸ばして6位に浮上した。川崎は敵地で浦和に2-1で勝って勝ち点を22とし、再び首位に立った。年間順位の1位も守った。浦和は11戦ぶりの黒星を喫し、得失点差で2位に後退した。

 鳥栖は磐田と1-1で引き分けて勝ち点18とし、3位に浮上した。柏は名古屋を3-1で退けた。名古屋は17戦勝利なし。鹿島は湘南を下した。湘南は7連敗。大宮は仙台に競り勝ち、FC東京は横浜Mを、甲府は広島を破った。新潟は福岡に快勝した。

VISSEL ニュース

天気(8月17日)

  • 32℃
  • 26℃
  • 30%

  • 32℃
  • 23℃
  • 60%

  • 33℃
  • 26℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ