スポーツ

  • 印刷
新社長就任あいさつのため来社したJ1神戸の田中健一氏=24日午前、神戸新聞社(撮影・小林良多)
拡大
新社長就任あいさつのため来社したJ1神戸の田中健一氏=24日午前、神戸新聞社(撮影・小林良多)

 8月からサッカーJリーグ1部のヴィッセル神戸の新社長に就いた田中健一氏(47)と前社長の池田敦司氏(59)が24日、神戸市中央区の神戸新聞社へ就任と退任のあいさつに訪れた。田中氏は「優勝することがミッション」とリーグ初制覇を目標に挙げた。

 東京都出身の田中氏は2003年に楽天に入社し、09年から執行役員。今年7月に楽天子会社でクーポン購入サイトを運営する「楽天クーポン」社長に就いたばかりだった。

 楽天クーポンとクラブの社長を兼務することになり、「まったく予想していなかった。休みはなくなる覚悟」と笑みを浮かべた。その上で「チームが強くなることが一番のファンサービス」と意気込んだ。神戸新聞社の高士薫社長は「ぜひ神戸になじんで、長く社長を続けてほしい」と激励した。

 池田氏は15年2月にクラブ社長に就いたが、親会社楽天の意向で7月末に退任した。シーズン途中で退くことになり、「ご心配をかけて申し訳ない。来シーズンに向けて準備できるタイミングだったのかな」と説明した。(伊藤大介)

VISSEL ニュース

天気(4月30日)

  • 24℃
  • 14℃
  • 0%

  • 30℃
  • 11℃
  • 0%

  • 26℃
  • 11℃
  • 0%

  • 27℃
  • 10℃
  • 0%

お知らせ