スポーツ

  • 印刷

 J1クラブで争うYBCルヴァン・カップ(ヤマザキナビスコ・カップから改称)は4日、ホームアンドアウェー方式の準々決勝第2戦を各地で4試合行う。浦和と対戦する神戸はホーム開催だった第1戦を1-2で落としており、アウェーの埼玉スタジアム(さいたま市)で逆転して準決勝進出を期す。

 準決勝へは勝ち数が多い方が進み、勝ち数が同じ場合は得失点差やアウェーゴール数で勝者が決まる。ホームで2失点した神戸が2年連続で4強に進出するには、敵地で最低でも2ゴールを奪って勝つことが条件だ。神戸が2-1で勝った場合は延長戦になる。

 3日、神戸市西区のいぶきの森球技場で行われた練習では小川や中坂が主力組に入り、先発出場が濃厚となった。ペドロジュニオールに代わって攻撃の一角を担う中坂は、レアンドロや渡辺と連係してゴールを陥れたい。「できるだけ早い時間に点を取れれば楽になる。立ち上がりからがんがん飛ばしたい」と意気込む。

 小川は左サイドで攻守に奮闘が求められる。「勝たないといけない試合なので、攻撃に重きを置く。1対1で勝てばいい」と力を込めた。(伊藤大介)

VISSEL ニュース

天気(6月24日)

  • 27℃
  • 22℃
  • 20%

  • 31℃
  • 18℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 20%

  • 31℃
  • 21℃
  • 10%

お知らせ