スポーツ

  • 印刷
神戸イレブンから胴上げされる相馬崇人(撮影・笠原次郎)
拡大
神戸イレブンから胴上げされる相馬崇人(撮影・笠原次郎)
サポーターに笑顔で別れを告げる相馬=ノエビアスタジアム神戸(撮影・笠原次郎)
拡大
サポーターに笑顔で別れを告げる相馬=ノエビアスタジアム神戸(撮影・笠原次郎)
ネルシーニョ監督(右)と握手を交わす相馬崇人=ノエビアスタジアム神戸(撮影・笠原次郎)
拡大
ネルシーニョ監督(右)と握手を交わす相馬崇人=ノエビアスタジアム神戸(撮影・笠原次郎)
引退会見で晴れやかな笑顔を見せる神戸の相馬=ノエビアスタジアム神戸(撮影・笠原次郎)
拡大
引退会見で晴れやかな笑顔を見せる神戸の相馬=ノエビアスタジアム神戸(撮影・笠原次郎)

 神戸のDF相馬崇人の引退セレモニーが12日、ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)であった天皇杯・鹿島戦後に行われた。相馬は「14年間、長かったようであっという間。ずっとずっとチャレンジするサッカー人生でした」とあいさつし、場内を一周。観客席に上がってファンとハイタッチするなどし、最後はチームメートから胴上げされた。

 相馬は東京Vから浦和、ポルトガル、ドイツでのプレーを経て、2011年途中に神戸入り。今季まで、左サイドの主力として活躍してきた。

 会見で「(神戸は)大好きな街。ここでキャリアを終えたいと思った」と明かした相馬。今季は第2ステージに入って出場機会が減る一方、チームは同ステージ2位に躍進し、「僕なりにやりきった」という気持ちが芽生えたという。今後も神戸を拠点に活動する予定で「子どもたちの未来を輝かせるサポートをしたい」と語った。(井川朋宏)

VISSEL ニュース

天気(4月27日)

  • 20℃
  • 13℃
  • 20%

  • 19℃
  • 9℃
  • 30%

  • 20℃
  • 13℃
  • 30%

  • 20℃
  • 12℃
  • 40%

お知らせ