スポーツ

  • 印刷
久元喜造市長(左)にサインボールを手渡すヴィッセル神戸のネルシーニョ監督=神戸市役所
拡大
久元喜造市長(左)にサインボールを手渡すヴィッセル神戸のネルシーニョ監督=神戸市役所

 2月25日のサッカーJリーグ開幕を控え、J1ヴィッセル神戸のネルシーニョ監督らが19日、神戸市の久元喜造市長を表敬訪問し、初のタイトル獲得に意気込みを示した。

 昨季は過去最高の年間7位に入り、就任3年目のネルシーニョ監督は「選手たちは成長した。新たな仲間も融合していいチームになる」と、さらなる躍進に手応えを口にした。

 神戸市須磨区出身のDF岩波拓也選手は昨季第2ステージ2位に入った実績を踏まえ、「優勝の可能性を示すことができた。今季は最初からタイトルを取るイメージを持ちたい」と気合十分だった。

 久元市長は本拠地ノエビアスタジアム神戸の芝改善に努めていることに触れ、「良い環境をしっかり提供させていただきたい」とエールを送った。

 チームは20日、神戸市内で始動する。(伊藤大介)

VISSEL ニュース

天気(12月11日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 70%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ