スポーツ

  • 印刷
サイン入りボールをスタンドに投げ入れる神戸のネルシーニョ監督(中央)=ノエビアスタジアム神戸
拡大
サイン入りボールをスタンドに投げ入れる神戸のネルシーニョ監督(中央)=ノエビアスタジアム神戸

 J1神戸は5日、本拠地のノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で、サポーターらとの交流イベント「ヴィッセルフェスタ2017」を開いた。約3千人が参加し、トークショーやゲームなどで選手との触れ合いを楽しんだ。

 神戸は昨季、過去最高の年間7位に浮上し、第2ステージでは2位に躍進。「タイトルを狙うシーズンの始まりをサポーターと一緒に迎えたい」と、今回初めてファン感謝デーを開幕前に設定し、新加入選手のお披露目も兼ねた。

 渡辺千真主将が「大きな目標へ全員で戦っていきましょう」と呼びかけ、震災復興とチームの歩みを重ねた応援歌「神戸讃歌(さんか)」をサポーターらが合唱。新加入選手たちも沖縄キャンプ中に震災などについて講義を受けたといい、真剣な表情で聴き入っていた。(永見将人)

VISSEL ニュース

天気(8月21日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ