スポーツ

  • 印刷
花束を手に笑みを浮かべるヴィッセル神戸の(手前左から)ネルシーニョ監督、渡辺千真主将、渡部博文選手=神戸市中央区東川崎町1(撮影・笠原次郎)
拡大
花束を手に笑みを浮かべるヴィッセル神戸の(手前左から)ネルシーニョ監督、渡辺千真主将、渡部博文選手=神戸市中央区東川崎町1(撮影・笠原次郎)

 25日のサッカーJ1リーグ開幕を控え、ヴィッセル神戸のネルシーニョ監督(66)らが14日、神戸新聞社を訪問した。就任3年目の指揮官は「タイトルを獲得する時期に来ている」と初優勝へ意欲を示した。

 今季は、元日本代表FW田中順也選手(29)、DF渡部博文選手(29)ら実績十分のメンバーが新加入し、監督は「非常にいい補強をしてもらった。どの選手を使ってもチーム力が落ちることはない」と手応え十分。昨季に続き主将を務める渡辺千真(かずま)選手(30)は「一丸となって頑張っていく」と抱負を語った。

 監督らはこの日、県庁も訪れ、井戸敏三知事にあいさつした。

 25日に清水エスパルスと敵地で開幕戦に臨み、3月4日にノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)でアルビレックス新潟とのホーム開幕戦を行う。本拠地初戦は「神戸新聞デー」とし、特別イベントがある。(伊藤大介)

VISSEL ニュース

天気(8月17日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 40%

  • 33℃
  • ---℃
  • 70%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 34℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ