スポーツ

  • 印刷
ホーム開幕戦に向けて調整する神戸の高橋秀(中央)ら=いぶきの森球技場
拡大
ホーム開幕戦に向けて調整する神戸の高橋秀(中央)ら=いぶきの森球技場

 明治安田J1リーグ第2節第1日の4日、4位の神戸(勝ち点3)はノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で、7位の新潟(同1)とホーム開幕戦を迎える。清水との初戦では安定した守備を見せ、セットプレーから挙げた1点を守り切った神戸。ネルシーニョ監督は「(内容が)しっかりとした勝利でポジティブな要素。初戦を上回るつもりで戦う」と連勝を目指す。

 新潟は昨季から大幅に戦力が入れ替わり、初戦の広島戦には新加入の5人が先発出場した。それでも、組織的な守備から新外国人のホニと山崎のスピードを生かした攻撃を見せ、1-1の引き分けに持ち込んだ。

 ともに、堅守からのカウンターが特長で、我慢比べの展開が見込まれる。局面の打開はネルシーニョ監督が「武器」と自信を示すセットプレーか。キッカーのFW田中順やMF藤田が高精度のボールを185センチ超えの岩波、渡部の両DFに合わせ、ゴールを奪いたい。

 なお、当日は「神戸新聞デー」として、来場者に号外が配布されるなどのイベントがある。(有島弘記)

VISSEL ニュース

天気(4月30日)

  • 24℃
  • 14℃
  • 0%

  • 30℃
  • 11℃
  • 0%

  • 26℃
  • 11℃
  • 0%

  • 27℃
  • 10℃
  • 0%

お知らせ