スポーツ

  • 印刷
仙台戦を控えてゲーム形式の練習に励む田中順(中央)ら=神戸市西区、いぶきの森球技場
拡大
仙台戦を控えてゲーム形式の練習に励む田中順(中央)ら=神戸市西区、いぶきの森球技場

 明治安田J1リーグ第3節第2日の11日、神戸(勝ち点6)は敵地のユアテックスタジアム仙台(仙台市)で、仙台(同)と対戦する。ともに2連勝中と好調で、神戸が勝てばJ1初の開幕3連勝。東日本大震災後、発生日に仙台で公式戦が組まれたのは初めてで、ネルシーニョ監督は「(東北市民は)復興に向けてあきらめない姿勢を見せてきた。われわれも同じスピリットを見せる」と話す。

 今シーズンから3バックを導入した仙台は、2試合連続で無失点と守備が安定し、攻撃では1トップの石原を中心にボールを保持。ゴールに迫る回数が増え、接戦をものにしてきた。

 神戸は開幕2戦で流れからの得点がなく、全3得点は田中順らのセットプレーから。指揮官は「チャンスをつくれている」と悲観せず「後は(シュート前の)パスの質。互いに良さをつぶし合う激しい戦いになるが、攻略できる」と仙台の堅守突破をイメージした。

VISSEL ニュース

天気(6月28日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 60%

  • 29℃
  • 20℃
  • 60%

  • 27℃
  • 22℃
  • 70%

  • 28℃
  • 22℃
  • 60%

お知らせ