スポーツ

  • 印刷
沖縄キャンプ3日目で初のファンサービスを提案した神戸のポドルスキ=沖縄県金武町、金武町フットボールセンター
拡大
沖縄キャンプ3日目で初のファンサービスを提案した神戸のポドルスキ=沖縄県金武町、金武町フットボールセンター
ファンの求めに応じてサインする神戸のイニエスタ=沖縄県金武町、金武町フットボールセンター
拡大
ファンの求めに応じてサインする神戸のイニエスタ=沖縄県金武町、金武町フットボールセンター
沖縄キャンプ3日目に臨んだ神戸イレブン=沖縄県金武町、金武町フットボールセンター
拡大
沖縄キャンプ3日目に臨んだ神戸イレブン=沖縄県金武町、金武町フットボールセンター

 J1神戸は12日、沖縄県金武町の同町フットボールセンターでキャンプ3日目に入った。攻撃陣と守備陣を分けたメニューが中心で、守備ではリージョ監督が実演しながら指導。「頭を使ってプレーしよう」などと声を響かせた。

 フィジカル系の練習は今キャンプで最も短い約20分間で、大半でボールを使った。スペイン人指揮官は1対1や3対3など状況に応じた守り方を示し、攻撃を担当したドミンゲス・ヘッドコーチは密集でのボール回しに指示を飛ばした。

 練習後、ポドルスキの発案で急きょ、ファンサービスを実施。地元町民ら約300人とサインなどを通じて交流した。

 沖縄キャンプは13日が最終日。22日のC大阪との開幕戦に向け、調整の最終段階を迎える。(有島弘記)

VISSEL ニュース

天気(7月17日)

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 32℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ