スポーツ

  • 印刷
ヴィッセル神戸のエンブレム
拡大
ヴィッセル神戸のエンブレム

 明治安田J1リーグ第8節最終日は20日、埼玉スタジアムなどで7試合を行い、リージョ前監督との契約を解除し、吉田監督が就任した神戸は0-1で浦和に完封負けを喫し、3連敗となった。神戸は3勝1分け4敗と黒星が先行し、11位に転落した。

 イニエスタが今季初めて欠場し、右脚内転筋に違和感のあるビジャもベンチ外。元スペイン代表コンビが不在の中、韓国代表GK金承奎(キム・スンギュ)が5試合ぶりに先発に復帰し、元ドイツ代表ポドルスキ、元バルセロナのサンペールがスタメンに名を連ねたが、悪い流れは変えられなかった。

 名古屋はジョーの決勝点で磐田を1-0で退け、勝ち点16で3位に浮上した。前節3位の大分はG大阪と1-1で引き分け、同16で得失点差の4位。

 鹿島は仙台を1-0で下し、札幌は横浜Mに3-0で快勝した。松本は鳥栖、清水はC大阪に勝った。

VISSEL ニュース

天気(5月27日)

  • 29℃
  • 21℃
  • 20%

  • 34℃
  • 16℃
  • 20%

  • 31℃
  • 20℃
  • 10%

  • 33℃
  • 20℃
  • 10%

お知らせ