スポーツ

  • 印刷
J1神戸のトルステン・フィンク監督
拡大
J1神戸のトルステン・フィンク監督

 明治安田J1リーグ第15節最終日の15日、新監督にトルステン・フィンク氏(51)を迎えた13位神戸(勝ち点14)は敵地の味の素スタジアム(東京都調布市)で、首位FC東京(同33)と対戦する。14日午前に就労ビザが下り、初めて取材に応じた新指揮官は、ぶっつけの初陣に向け「首位と対戦するのは得ることしかない。勝つことを目標にしている」と語った。

 日本代表の活動により、リーグ戦は2週間ぶりの再開。最下位と勝ち点1差の神戸は6日まで吉田孝行前監督の下、ミニキャンプを張ったが、8日に欧州各国のクラブを指揮したフィンク氏の就任が発表された。

 ドイツ人監督はチーム合流後、就労ビザの関係で直接指導が満足にできなかったが、前体制から残るコーチが代わりに戦術の浸透を図ったという。左脚の故障からの復調を明かしたFW古橋亨梧は「僕たちはチャレンジャー」と前を向いた。(有島弘記)

VISSEL ニュース

天気(10月19日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 22℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ