スポーツ

  • 印刷
厳しいチェックを受けながらパスを出すイニエスタ=味の素スタジアム(撮影・金田祐二)
拡大
厳しいチェックを受けながらパスを出すイニエスタ=味の素スタジアム(撮影・金田祐二)
競り合いに興奮するフィンク監督=味の素スタジアム(撮影・金田祐二)
拡大
競り合いに興奮するフィンク監督=味の素スタジアム(撮影・金田祐二)

 明治安田生命J1リーグ第15節の最終日は15日、味の素スタジアム(東京都調布市)などで6試合を行い、神戸がイニエスタの今季初ゴールで首位のFC東京を1-0で破り、フィンク新監督の初戦を白星で飾った。清水は横浜Mに3-2で逆転勝ちし、最下位を脱出した。

 大分-名古屋は1-1で引き分けた。浦和は鳥栖に2-1で競り勝ち、鳥栖は最下位に後退。仙台は松本に勝ち、磐田-G大阪は引き分けた。

VISSEL ニュース

天気(11月13日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 30%

  • 22℃
  • 6℃
  • 40%

  • 21℃
  • 11℃
  • 30%

  • 21℃
  • 8℃
  • 30%

お知らせ