スポーツ

  • 印刷
古巣相手に得点を狙う小川=6月30日、ノエビアスタジアム神戸
拡大
古巣相手に得点を狙う小川=6月30日、ノエビアスタジアム神戸

 明治安田J1リーグ第19節最終日の14日、前節6試合ぶりの黒星を喫した神戸(勝ち点21)は敵地のShonanBMWスタジアム平塚(神奈川県平塚市)で、湘南(同20)と対戦する。

 湘南戦がある14日はFW小川の27歳の誕生日だ。サッカー界では中堅の年齢だが「永遠の若手でいたい」。貪欲に成長を求める姿勢を口にした。

 今季の日程が発表された段階で、今節のアウェー戦を楽しみにしていたという。昨季後半、下部組織から育った神戸を離れ、湘南に移った。期限付きだったが、サポーターは応援歌もつくってくれ「思い入れのあるチーム。一番照準を合わせていた」と心を躍らせる。

 プレーも乗っている。3日のJ3北九州との天皇杯2回戦では、敵陣深くへのプレスを続け、得点の場面も相手GKとDFの連係ミスを逃さなかった。「やるべきことをやったからラッキーが転がってきた」。最近の公式戦3試合で2ゴールと好調モードの背番号13が古巣に得点で恩を返す。(有島弘記)

VISSEL ニュース

天気(11月21日)

  • 15℃
  • 8℃
  • 10%

  • 14℃
  • 7℃
  • 30%

  • 16℃
  • 7℃
  • 0%

  • 15℃
  • 6℃
  • 10%

お知らせ