スポーツ

  • 印刷
日本代表に復帰したMF山口。攻守に神戸を支えている=神戸市西区、いぶきの森球技場
拡大
日本代表に復帰したMF山口。攻守に神戸を支えている=神戸市西区、いぶきの森球技場
日本代表初選出のFW古橋。アシスト能力も高い=神戸市西区、いぶきの森球技場
拡大
日本代表初選出のFW古橋。アシスト能力も高い=神戸市西区、いぶきの森球技場

 ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選キルギス戦(14日・ビシケク)など日本代表2連戦のメンバーに選ばれたMF山口蛍(29)とFW古橋亨梧(24)が8日、報道陣に意気込みを語った。初代表の古橋は「ありがたいことに、いろんな人から連絡が来た」と喜びつつ「(9日に)名古屋戦があるので、あまり考えないようにしている。浮かれている場合じゃない」とJ1残留争いの勝ち抜けに照準を定めた。

 昨夏にJ2岐阜から加入した背番号16。イニエスタら世界的スターとの共演で力を伸ばし、特にスペイン屈指のFWビジャは格好の手本だった。「切り返しが深いし、シュートもうまい。動き出しや意識を物にして追い越したい」。そう語ったのは今年1月。今季はビジャに続くチーム2位のリーグ9得点と活躍し、今夏にはオランダから獲得オファーが届いた。

 代表選出後、自身の写真共有アプリ「インスタグラム」に英文を投稿した。「(世界を意識?)まあ…言えません」と笑ってかわしたが、今回の代表戦は一つの針路になる。

 一方、W杯に2大会連続で出場した山口は落ち着き払っていた。今年3月以来の代表復帰だが「競争やアピールという意識はない」。起用が想定されるボランチの役割だけを考えている。(有島弘記)

VISSEL ニュース

天気(11月13日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

  • 22℃
  • ---℃
  • 40%

  • 21℃
  • ---℃
  • 40%

  • 21℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ