スポーツ

  • 印刷
古巣・横浜FCとの対戦で必勝を誓った神戸のDF大崎=神戸市西区、いぶきの森球技場
拡大
古巣・横浜FCとの対戦で必勝を誓った神戸のDF大崎=神戸市西区、いぶきの森球技場
横浜FCとの開幕戦に向けて抱負を語る神戸のフィンク監督=神戸市西区、いぶきの森球技場
拡大
横浜FCとの開幕戦に向けて抱負を語る神戸のフィンク監督=神戸市西区、いぶきの森球技場
水原に勝利し、サポーターの歓声に応える神戸イレブン=水原
拡大
水原に勝利し、サポーターの歓声に応える神戸イレブン=水原

 明治安田J1リーグ第1節最終日の23日、昨季8位の神戸は本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で、J2から昇格した横浜FCとの開幕戦に挑む。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、歌などサポーターの応援行為が制限されることになったが、DF大崎は「声を出せなくても存在感がある。信頼して(ピッチに)入れる」とプレーに集中する。

 神戸は早くも今季4試合目の公式戦を迎え、勝てば昨季からの連勝が「9」に伸びる。一方、横浜FCは16日、今季初戦のYBCルヴァン・カップ1次リーグ第1節で広島に0-2の完敗。目標の10位以内に向け、開幕ダッシュは欠かせないだけに、神戸対策を十分に練ってくるとみられる。

 DF大崎にとっては古巣戦となる。高校生年代を横浜FCユースで過ごし、大学などを経て2016年、トップチームで1年間プレーした。「特別なチームに変わりないが、全力で勝ちにいく。勝つことで、成長したと思ってもらえたら」と意気込む。

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグの水原(スウォン)戦から中3日。負傷交代したDFフェルマーレンの起用法について、フィンク監督は「リスクを負ってやるのか、やらないのか。明日(試合当日)決める」と軽傷を強調した。(有島弘記)

VISSEL ニュース

天気(7月10日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

  • 29℃
  • ---℃
  • 60%

  • 29℃
  • ---℃
  • 50%

  • 27℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ