スポーツ

  • 印刷
ヴィッセル神戸のエンブレム
拡大
ヴィッセル神戸のエンブレム

 サッカーJリーグ1部(J1)のヴィッセル神戸は24日、練習拠点「いぶきの森球技場」(神戸市西区)で25日に練習を非公開で再開すると発表した。「トレーニング実施においては感染症予防対策を徹底する」とし、新型コロナウイルスの感染拡大で約2カ月間にわたって自主練習を続けたイレブンをフィールド選手3班、GK1班に分けて再始動する。

 計4班のメンバーは29日まで固定。練習時間は別々とし、ピッチ2面を使い分ける。人数も1グループにつき、監督やコーチらを含めて最大15人に限る。

 クラブハウスの利用も原則禁止とし、選手たちは駐車場で検温と体調確認を受ける。更衣室として、同ハウス内では比較的広いミーティングルームを開放するが、人数制限を実施。練習後のシャワーは禁じ、選手たちは練習を終えて30分をめどに同球技場を後にする。

 練習中は選手間の距離を2メートル保ち、タックルなど接触を避ける。7月上旬にも再開が見込まれるJ1リーグに向け、最善を尽くしながら状態を上げていく。(有島弘記)

VISSEL ニュース

天気(9月24日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 40%

  • 28℃
  • 22℃
  • 40%

  • 28℃
  • 23℃
  • 30%

  • 31℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ