スポーツ

  • 印刷
ヴィッセル神戸のエンブレム
拡大
ヴィッセル神戸のエンブレム

 Jリーグは27日、2019年度の各クラブの経営情報を開示し、J1神戸がリーグ史上最高営業収益を更新する114億4千万円を計上した。イニエスタ効果でスポンサー収入と入場料収入を大幅に伸ばし、初めて100億円の大台を超えた。

 3月決算の4クラブと、新型コロナウイルスの影響で決算確定が延期となった6クラブを除く45クラブが対象。営業収益2位はJ1浦和の82億1800万円で、神戸と約32億円の大差となった。

 神戸は18年度途中にイニエスタが加入し、19年度は1年を通してプレー。推定約30億円の年俸の全額が加算され、チーム人件費は前年から約24億円増の69億2300万円にふくれ上がった。

 支出を賄うため、スポンサー収入を前年度から約12億円増やし74億円を確保。さらにチケットの基本価格を上げて前年比1・5倍の12億6千万円を売り上げ、入場料のクラブ別順位で18年度の8位から3位に浮上した。

 純損失が20億円を超え、2季連続赤字となったJ1鳥栖について、Jリーグは増資により債務超過に陥っていないと説明。J2琉球は4季連続赤字となったが、財務基準に抵触していないことから参加資格は失わない。(有島弘記)

VISSEL ニュース

天気(9月24日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 40%

  • 28℃
  • 22℃
  • 40%

  • 28℃
  • 23℃
  • 30%

  • 31℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ