スポーツ

  • 印刷
いよいよ再開した神戸の全体練習。山口(左から2人目)らが精力的に動いた=神戸市西区のいぶきの森球技場(C)VISSEL KOBE
拡大
いよいよ再開した神戸の全体練習。山口(左から2人目)らが精力的に動いた=神戸市西区のいぶきの森球技場(C)VISSEL KOBE
オンライン取材で笑顔を見せる神戸のフィンク監督=神戸市西区のいぶきの森球技場(C)VISSEL KOBE
拡大
オンライン取材で笑顔を見せる神戸のフィンク監督=神戸市西区のいぶきの森球技場(C)VISSEL KOBE

 J1神戸は1日、グループ別練習から全体練習に移行した。いぶきの森球技場(神戸市西区)での非公開練習後、フィンク監督はオンライン取材に「選手をボールになじませるため、楽しい練習にした。全員100パーセントで参加でき、いい一日だった」とうなずいた。

 神戸は5月25日、選手を4班に分けて練習を再開。この日も検温などを続け、ピッチでは「ある程度距離は近くなるが、ぶつかり合うことは避けた」(フィンク監督)と新型コロナウイルスの感染予防に努めた。

 指揮官の目には選手のできの良さが映るといい「(身体計測の)数字も良く、今の段階では満足している」。現状を例年のシーズン前と捉え、当面はコンディションとフィジカル面をさらに高めていくという。

 J1のリーグ再開は7月4日。フィンク監督は「正確な目標ができ、進んでいける」とし、練習試合2試合を希望していることも明らかにした。(有島弘記)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

VISSEL ニュース

天気(9月24日)

  • 28℃
  • 24℃
  • 40%

  • 28℃
  • 22℃
  • 40%

  • 28℃
  • 23℃
  • 30%

  • 31℃
  • 23℃
  • 30%

お知らせ