スポーツ

  • 印刷
神戸-広島 前半、先制され、うなだれる神戸の酒井(右から2人目)とサンペール(右端)=撮影・中西幸大
神戸-広島 前半、先制され、うなだれる神戸の酒井(右から2人目)とサンペール(右端)=撮影・中西幸大

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う中断明け初戦となった、サッカーの明治安田J1リーグ第2節の4日、ヴィッセル神戸は本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)でサンフレッチェ広島と対戦し、0-3の完封負けを喫した。神戸の黒星は昨年11月以来、公式戦10試合ぶり。

 132日ぶりにピッチへ戻ってきた神戸の選手たち。ただ、その喜びは長く続かなかった。相性の悪い広島ゴールを脅かせず、ショートカウンターの餌食に。一瞬の隙を何度も突かれ、うち3度が失点につながった。

VISSEL ニュース

天気(8月11日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 37℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ