スポーツ

  • 印刷
ヴィッセル神戸のエンブレム
拡大
ヴィッセル神戸のエンブレム

 サッカーの明治安田J1リーグ第8節最終日の2日、ヴィッセル神戸は札幌ドーム(札幌市)でコンサドーレ札幌と対戦し、3-2で競り勝った。神戸は3戦ぶりの白星となり、勝ち点12で9位。

 神戸はDFダンクレーが5戦ぶりに復帰し、富士ゼロックス・スーパーカップを制した現状のベストメンバーをそろえた。だが、前半10分にFW古橋が負傷退場。札幌のタイトな守備に苦しみ、劣勢のまま29分にミスから先制点を許してしまう。それでも2分後、FWドウグラスのポストプレーからMF山口が決めて追い付くと、前半終了間際にMFイニエスタのロングパスにMF西が抜け出し、ドウグラスが押し込んで逆転に成功した。

 後半も先に得点したのは札幌。3分にMF荒野のこの日2点目で同点に追い付かれたが、神戸は17分に山口のゴールで再び勝ち越し、終盤のパワープレーも何とかしのぎきった。

VISSEL ニュース

天気(10月2日)

  • 27℃
  • 18℃
  • 0%

  • 28℃
  • 14℃
  • 0%

  • 29℃
  • 16℃
  • 0%

  • 29℃
  • 15℃
  • 0%

お知らせ