スポーツ

  • 印刷
5日の練習後にオンライン取材を受けるJ1神戸のDFダンクレー=神戸市西区のいぶきの森球技場(ⓒVISSEL KOBE)
拡大
5日の練習後にオンライン取材を受けるJ1神戸のDFダンクレー=神戸市西区のいぶきの森球技場(ⓒVISSEL KOBE)

 2日の札幌戦で5戦ぶりに復帰したJ1神戸のDFダンクレーが5日、いぶきの森球技場(神戸市西区)で非公開練習後にオンライン取材を受けた。足の打撲と内耳の異常で戦列を離れていたと明かし、「めまいが強かったが、もう大丈夫。札幌戦は自分の100パーセントでいけた」と回復ぶりを強調した。

 ブラジル出身の28歳。ポルトガル1部から加入した昨季、リーグ29試合に出場した。187センチの長身ながら足元の技術に優れ、右CBからの縦パスやロングフィードで攻撃のスイッチを入れる。

 本来は自らも攻撃に顔を出すタイプという。神戸ではイニエスタら強力攻撃陣のサポートを優先しつつ、「攻撃にかかわる自由は与えられている」。札幌戦でも攻め上がりからミドルシュートを放ち、「まずは守備が大事だが、このユニホームで点を取っていないので、そろそろ得点でも貢献したい」と、神戸での初ゴールに意欲を示した。(山本哲志)

VISSEL ニュース

天気(1月28日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 20%

  • 12℃
  • 3℃
  • 50%

  • 12℃
  • 5℃
  • 20%

  • 12℃
  • 4℃
  • 20%

お知らせ