スポーツ

  • 印刷
神戸-札幌 前半、神戸MF郷家がシュートを決め2-0とリードを広げる=ノエビアスタジアム神戸(撮影・後藤亮平)
拡大
神戸-札幌 前半、神戸MF郷家がシュートを決め2-0とリードを広げる=ノエビアスタジアム神戸(撮影・後藤亮平)
神戸-札幌 再三好機を演出した神戸のイニエスタ=ノエビアスタジアム神戸(撮影・後藤亮平)
拡大
神戸-札幌 再三好機を演出した神戸のイニエスタ=ノエビアスタジアム神戸(撮影・後藤亮平)
神戸-札幌 後半、自身J1初得点を決める神戸の小田=ノエビアスタジアム神戸(撮影・後藤亮平)
拡大
神戸-札幌 後半、自身J1初得点を決める神戸の小田=ノエビアスタジアム神戸(撮影・後藤亮平)

 サッカー明治安田J1リーグ第19節第1日の26日、ヴィッセル神戸は本拠地ノエビアスタジアム神戸でコンサドーレ札幌と対戦し、4-0で快勝した。神戸はフィンク前監督の退任を受けて就任した三浦新監督の初陣を今季初の連勝で飾り、6勝8分け7敗で勝ち点を26に伸ばした。完封勝利は7月8日の鳥栖戦以来18試合ぶり。

 神戸は出場停止のサンペールと西に代わり、若手の安井と藤谷が先発。前節鳥栖戦で全4ゴールに絡んだイニエスタは4戦連続でスタメンに名を連ねた。

 試合は序盤から札幌の攻勢にさらされたが、前半19分、イニエスタとのワンツーで左サイドを抜け出した酒井がマイナスに折り返し、待ち構えた古橋が左足で流し込む。古橋の2戦連続ゴールで神戸が先制した。前半45分にもイニエスタが古橋に絶妙なスルーパスを通すと、こぼれ球を郷家が狙い澄ました右足シュートで追加点を挙げた。

 後半、札幌の時間帯が続いたが、またもイニエスタがロングパスを古橋に送る。GKとの1対1を古橋が落ち着いて決め、節目の10ゴール目を記録した。同45分には自陣から猛然と飛び出した小田がGKを抜き去り、J1初ゴール。神戸は2試合連続の4得点で札幌を突き放した。

VISSEL ニュース

天気(10月30日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 50%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ