但馬

  • 印刷
校長室の豪華な雰囲気の中で読める漫画図書室=おおやアート村ビッグ・ラボ
拡大
校長室の豪華な雰囲気の中で読める漫画図書室=おおやアート村ビッグ・ラボ

 廃校舎を活用したアート拠点施設「おおやアート村ビッグ・ラボ」(兵庫県養父市大屋町加保)にある漫画図書室が、来場者の人気を集めている。かつて校長室だった部屋に千冊以上の漫画本が並び、革張りのソファにゆったり座って読みふけることができる。

 ビッグ・ラボは2012年、旧八鹿高校大屋校の廃校舎を改装してオープンし、かつての教室や体育館は、地元作家のアトリエや展示スペースに生まれ変わった。

 画家でNPO法人おおやアート村理事長の田中今子さん(53)らが提案して実現した企画で、漫画図書室となった校長室は、床や壁が板張りで他の教室よりも高級感がある。

 「学校は本来漫画を読んではいけない場所。学校で、それも校長室で堂々と読めるなんて、子どもの頃には絶対にできない経験」。企画の意図を田中さんはそう語る。

 棚に並ぶのは少年、少女漫画が中心。ほとんどがオープン時の寄贈品のため新作は少ないが、手塚治虫さんや横山光輝さん、大友克洋さんら大物漫画家による名作がそろっている。

 大人が同施設での企画展のついでに立ち寄ったり、近所の子どもが放課後に訪れたり。図書室は幅広い世代を魅了するが、クライマックスの巻が欠けた漫画もあり、作品世界にはまってしまった来場者を「続きが気になる」と嘆かせているという。

 午前9時~午後5時。入場無料。水曜休館。漫画は施設内での利用のみで、貸し出しはしていない。おおやアート村ビッグ・ラボTEL079・669・2449

(那谷享平)

但馬の最新
もっと見る

天気(3月28日)

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 30%

  • 14℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ