但馬

  • 印刷
雲海が発生した日に撮影した竹田城跡のストリートビュー (C)Googleストリートビュー
拡大
雲海が発生した日に撮影した竹田城跡のストリートビュー (C)Googleストリートビュー
撮影機材を背負って歩く朝来市職員の宮田夏喜さん=朝来市和田山町竹田(朝来市提供)
拡大
撮影機材を背負って歩く朝来市職員の宮田夏喜さん=朝来市和田山町竹田(朝来市提供)

 インターネットで見られる、米グーグル社の地図サービス「グーグルマップ」で、兵庫県朝来市和田山町竹田の国史跡・竹田城跡の「ストリートビュー」が公開された。観光PRのため、市職員が重さ約20キロの機材を背負って撮影した「労作」で、現地にいるかのようなパノラマ風景が楽しめる。(長谷部崇)

 ストリートビューは、町中や観光名所のパノラマ写真を360度表示するサービス。掲載地を広げるため、グーグル社は撮影機材を、各地の観光団体などに無償で貸し出している。

 竹田城跡は2013年12月にグーグルのCMで取り上げられた縁もあり、昨年12月、同市が機材を約1週間借りることができたという。市竹田城課の男性職員4人が約20キロの機材を交代で背負い、雲海が出た日に合わせて城跡内をぐるりと回って撮影した。

 このほか竹田地区の街並みや眺望スポットの「立雲峡」、JR竹田駅や表米神社から登る登山道も撮影。全行程の7割を歩いた新人の宮田夏喜さん(26)は「登山道はきつかったが、頑張った分いい絵が撮れた」と満足げに話す。

 同課は「雲海の出た日、城跡の周囲にどのような光景が広がるか伝わればうれしい。登山道の様子を知りたい人も参考にしてほしい」としている。同市内の史跡生野銀山や茶すり山古墳、ヒメハナ公園などのストリートビューも同時に公開されている。

但馬の最新
もっと見る

天気(3月25日)

  • 12℃
  • ---℃
  • 10%

  • 11℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ