但馬

  • 印刷

 道の駅あまるべ(兵庫県香美町香住区余部)の敷地内に、水辺でくつろげる新たなスポット「ぽんぽん池」がお目見えした。夏の間、頭上に架かる余部橋梁の雄大な眺めを堪能しながら、ひとときの涼を感じることができる。

 用水路の水があふれた際の調整池として整備されたスペースだが、これまでほとんど使われておらず、地元住民らでつくる「あまるべ振興会」などが活用策として考案した。これまでただのくぼみだった場所に用水路の水を引き込み、広さ約150平方メートル、深さ5~20センチの人工池に生まれ変わらせた。

 池の中央にある円形の広場を太鼓に見立て、子どもにも親しまれるよう「ぽんぽん池」と命名した。友人たちと旅行で訪れた会社員男性(25)=京都府宇治市=は靴を脱いで池に入り「思ったより冷たくて気持ちいいです」と笑顔で汗をぬぐった。

 今後、ベンチや電飾を設置する計画もあるといい、同道の駅の馬場幸男駅長(62)は「ちょっとした遊び場や夕涼みの場として、地元の人にも使ってもらいたい」と話している。

 8月末まで。同道の駅TEL0796・20・3617

(黒川裕生)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 9℃
  • 1℃
  • 20%

  • 6℃
  • 0℃
  • 60%

  • 9℃
  • 2℃
  • 10%

  • 8℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ