但馬

  • 印刷
4年分の賞状を手に金賞受賞を喜ぶ社員=朝来市山東町矢名瀬町、此の友酒造
拡大
4年分の賞状を手に金賞受賞を喜ぶ社員=朝来市山東町矢名瀬町、此の友酒造

 兵庫県朝来市山東町矢名瀬町、此の友酒造の大吟醸「但馬」が、今年の「全国新酒鑑評会」で4年連続の金賞に輝いた。フルーティで上品な香りと繊細な味わいが、女性にも人気という。昨年は世界最大級の日本酒品評会の吟醸部門1位にも選ばれて注目されており、今年は仕込み本数を4倍に増やして注文に対応していく。(長谷部崇)

 全国新酒鑑評会は1911(明治44)年からほぼ毎年続いており、独立行政法人酒類総合研究所や国税庁の職員らが、その年に製造された日本酒の味や香りを審査する。今年は全国860銘柄の出品があり、4月の予審と5月の決審で入賞酒437点、うち特に成績優秀な金賞酒242点を選んだ。

 17年ぶりの金賞を受けた2014年以来4年連続の快挙に、同酒造杜氏の勝原誠さん(44)は「その年の気温や米の性質を見極めるのは難しく、最高の技術を注いで一つ一つの工程をこなしていくしかない。重圧もあったが、ほっとした」と話す。

 大吟醸「但馬」は昨年7月、出品酒数が世界最多とされる日本酒品評会「SAKE COMPETITION(サケコンペティション)」で、吟醸部門180銘柄の中で1位に輝いた。その後注文も殺到しており、木村祥三社長(58)は「香りを重視したお酒。冷やしてワイングラスで飲んでほしい」と勧める。

 すでに店頭で販売されている。720ミリリットル入り5千円(税別)。同社TEL079・676・3035

但馬の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 18℃
  • 14℃
  • 80%

  • 16℃
  • 13℃
  • 80%

  • 15℃
  • 13℃
  • 80%

  • 17℃
  • 14℃
  • 80%

お知らせ