但馬

  • 印刷
全国大会に出場する今木涼葉さん、井上凜さん、重本ゆずさん(左から)=浜坂B&G海洋センター
拡大
全国大会に出場する今木涼葉さん、井上凜さん、重本ゆずさん(左から)=浜坂B&G海洋センター

 兵庫県新温泉町の小学生5人が5、6日に東京武道館(東京都足立区)で開かれる「第17回全日本少年少女空手道選手権大会」(全日本空手道連盟主催)に出場する。教室が鳥取県の連盟に所属しており、同県代表としての出場で、大舞台を前に練習に打ち込んでいる。(小日向務)

 5人は、女子形が浜坂北小6年今木涼葉さんと照来小6年井上凜さん▽男子形が浜坂北小5年中村秀君と同3年の中村詢君▽女子組手が温泉小学校4年重本ゆずさん。それぞれ学年別の個人戦で戦う。

 全員が「井上派糸東流慶心会浜坂支部」に所属し、支部長の森田孝晴さん(68)の指導を受け、同町の浜坂B&G海洋センターで週2回の練習を続けている。同支部には小学生から一般までの約30人が所属。5人は6月10、11日に鳥取県米子市の県立武道館で開かれた同県空手道選手権大会で上位入賞し、2~6回目の全国への切符を手にした。

 6年生の今木さんと井上さんは長年のライバル。今木さんは今回、初めて井上さんに勝って県大会で初優勝。「家でもお父さんと一生懸命練習した。全国では自分の力を出し切って入賞したい」。井上さんは「スピードや迫力が足りなかった」と県大会を振り返り、「小学校では最後の全国。自分の形をしっかりとやりたい」と全国での健闘を誓った。

 一方、重本さんは県を初めて制した。「全国では気持ちで負けないようにしたい。県代表としてみんなの分まで頑張る」と話した。

但馬の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 9℃
  • 1℃
  • 20%

  • 6℃
  • 0℃
  • 60%

  • 9℃
  • 2℃
  • 10%

  • 8℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ