但馬

  • 印刷
道路の破損情報などを投稿するアプリの画面
拡大
道路の破損情報などを投稿するアプリの画面
道路の破損情報などを投稿するアプリの画面
拡大
道路の破損情報などを投稿するアプリの画面

 兵庫県豊岡市は、市内にある道路の陥没や破損などの情報を、スマートフォンの写真投稿アプリで、市民から直接提供してもらう取り組みを始めた。広い市域の現状を素早く察知するための試みで、まずは実験期間として10月4日まで実施する。

 「マイレポとよおか」と命名されたこの仕組みで、市民は道路の破損などを見つけたら、スマホで撮影した写真や状況を書き込む「レポート」を、専用アプリを使って投稿する。寄せられた情報は地図上に反映され、アプリ内で公開される。また同じ内容がインターネットでも閲覧できる。

 同市ではこれまで、各部署が市民から直接情報提供を受けたり、区長らから地域の要望を聞いたりして状況を把握してきた。マイレポ-が導入されれば、より細やかな情報を素早く集めることができる。

 投稿するにはまず、利用者の氏名やメールアドレス、レポートに記載するニックネームなどをアプリに登録。見出しや詳細な状態などを記入し、内容に応じて「道路の破損」や「照明の不具合」といった4項目から該当するものを選ぶ。

 同市総務課によると、導入すれば、報告内容が大まかに振り分けられ、効率的に対処もしやすくなるとする。その上で「まちの改善点に目が向けば、市民のまちづくりへの意識が高まるきっかけにもなるはず」と期待を寄せる。

 アプリはインターネットで「FixMyStreetJapan」で検索し、ダウンロードする。同市総務課TEL0796・23・1116

(秋山亮太)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 9℃
  • 1℃
  • 20%

  • 6℃
  • 0℃
  • 60%

  • 9℃
  • 2℃
  • 10%

  • 8℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ