但馬

  • 印刷
作者たちの個性の違いが楽しめる「5人展」の会場=豊岡市中央町、豊岡稽古堂
拡大
作者たちの個性の違いが楽しめる「5人展」の会場=豊岡市中央町、豊岡稽古堂

 知的障害や精神障害のある人が描いた絵画などを並べた「がっせぇアート5人展」が6日、兵庫県豊岡市中央町の豊岡稽古堂で始まった。画風の異なる但馬在住の5人が、新作を含む計80点を出品している。

 障害者らの創作活動を支援するNPO法人「がっせぇアート」(養父市)が、3年前から毎年開催。同法人の作品展に出品した人のうち、数人にスポットを当てて開いており、今年は生田直史さん、田中美穂さん、田村富男さん、田村愛優さん、冨森まみ子さんが作品を寄せた。

 愛らしい表情の大人や子どもを、色鉛筆でシンプルに描いたイラストは、見る人を和ませる魅力がある。作者の田中さんは「瞬間、瞬間の心の動きを反映して描いた。ほっこりする絵は、変わらない自分の個性」と話す。会場ではほかに、紙一面に無数の「×」を並べて幾何学模様にした絵や、原色を大胆につかった風景画などが異彩を放っている。

 11日まで。午前10時~午後5時(最終日は午後3時まで)。入場無料。作品を印刷した手提げかばんなども販売する。同法人TEL080・6178・2645

(那谷享平)

但馬の最新
もっと見る

天気(8月20日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ