但馬

  • 印刷
のじぎく賞を受け取る渡邉泉希さん=朝来署
拡大
のじぎく賞を受け取る渡邉泉希さん=朝来署

 熱中症で倒れた高齢男性を適切に救護したとして、兵庫県朝来市和田山町のパート従業員、渡邉泉希さん(35)が8日、身近な善行を表彰する県の「のじぎく賞」を受賞した。

 渡邉さんは6月26日夕方、仕事から車で帰宅中、同町内の道ばたに倒れ込んでいる市内の男性(75)を目撃。観光バスから降りた男性は上半身裸になって溝に吐こうとしており、熱中症のようだったという。

 渡邉さんは車を止めて駆け寄ったが、周りの人たちが「大丈夫ですから」と話したため、一度その場を離れた。しかし男性の様子が気になり、現場に戻って「救急車を呼んで診てもらった方がよいと思います」と強く主張した。

 救急車が到着するまでは、背中をさするなどして介抱。病院に搬送された男性は無事に回復し、翌日、渡邉さん宅まで感謝を述べに訪れたという。

 この日、朝来署で賞状を受け取った渡邉さん。自身も以前、ショッピングセンターで過呼吸に陥った際、周りに「大丈夫」と強がったが、結局、救急車で運ばれたことがあった。「自分もあのとき『大丈夫』と言ってしまったけど、大丈夫じゃなかった。その経験が頭をよぎった」と振り返り、「おじいさんの元気な顔が見られてよかった」と笑みを浮かべた。(長谷部崇)

但馬の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 18℃
  • 14℃
  • 80%

  • 16℃
  • 13℃
  • 80%

  • 15℃
  • 13℃
  • 80%

  • 17℃
  • 14℃
  • 80%

お知らせ