但馬

  • 印刷
空に向かって、高くのろしを上げる住民たち=香美町香住区余部
拡大
空に向かって、高くのろしを上げる住民たち=香美町香住区余部

 「山の日」の11日、兵庫県香美町内10カ所の山や岬などに登り、順番にのろしを上げるイベント「香美神の頂に登ろう」が各地で開かれた。10カ所のうち、平家の落人伝承が残る同町香住区の御崎、畑両地区では、「落人伝説の再現」と銘打ち、のろしで連絡を取る試みにも挑戦した。

 山の日が制定された昨年に続き2回目。香住区で3コース、村岡区で5コース、小代区で2コースが設定され、参加者たちが登山を楽しみながら決められたポイントでのろしを上げた。

 香住区余部の「余部埼灯台」の近くでは、御崎区の住民たちが、白い煙が出やすいヒノキやスギの枝を積んでのろしをスタンバイ。正午ちょうどに点火し、煙がよく上がるように、噴き出す汗をぬぐいながら枝の組み方などを調整した。畑区から「見えた」の一報が届くと、みんなで喜び合った。

 御崎区の門浦光吉区長(63)は「無事に(畑区から)確認できて、やれやれです」と安心。「よく澄んだ日には、東は越前海岸から西は大山まで見渡せる、200度近いパノラマが自慢。御崎の自然をもっと知ってもらいたい」と話した。(阿部江利)

但馬の最新
もっと見る

天気(10月19日)

  • 18℃
  • 14℃
  • 80%

  • 16℃
  • 13℃
  • 80%

  • 15℃
  • 13℃
  • 80%

  • 17℃
  • 14℃
  • 80%

お知らせ