但馬

  • 印刷
慎重に、慎重に…。足を滑らせないように上流を目指す=香美町小代区秋岡
拡大
慎重に、慎重に…。足を滑らせないように上流を目指す=香美町小代区秋岡
手はしっかり握っている! 大丈夫!=香美町小代区秋岡
拡大
手はしっかり握っている! 大丈夫!=香美町小代区秋岡
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 夏のレジャーシーズン真っただ中。まだまだ遊び足りない皆さん、兵庫県の但馬各地の大自然を味わってみませんか。「地元だし知ってるよ」と侮るなかれ。空中散歩に海中旅行、清流での冒険-。但馬には陸海空を満喫できる遊びがめじろ押し。さあ、家族や友達と誘い合って、但馬三昧(ざんまい)の一日を。

   ◇   ◇

 「今日は自分の限界に挑戦しましょう!」

 兵庫県香美町小代区秋岡を流れる清流矢田川。腰まで水に漬かった親子連れ15人に、野外活動施設「美方高原自然の家とちのき村」(同区新屋)のマネジャー古岡恵祐さん(43)が高らかに宣言した。

 身ひとつで沢登りを楽しむ「シャワークライミング」は、四つんばいで岩場を移動したり、滝つぼに飛び込んだりと、全身で大自然を満喫できる。夏から秋にかけての人気企画だ。

 まずロープを伝い、急な斜面を沢まで下りる。子どもにはいきなり難関と思いきや、なんのその。声を掛け合い、スルスルと。こちらは流れに足を取られ、時に肩まで水に漬かりながら、黙々と上流を目指す。もちろん早々にずぶぬれだ。

 つるつるの岩場は、天然のウオータースライダーだ。子どもに交じり、頭まで水をかぶって滑り降りる。ザブーン。「キャッホウ!」。己の童心が目を覚ます。

 高さが2メートル以上ある岩からのダイブ、どうどうと渦を巻く滝つぼに身を任せる「洗濯機ごっこ」…。静かな清流に、親子の笑顔と歓声がはじけた。

 「川の流れが強くて、少し怖かったけど楽しかった」と養父市の八鹿小5年生(11)と4年生(9)の姉妹。尼崎市の武庫南小4年の男児(9)も「川でこんなに遊んだのは初めて。飛び込みが一番面白かった」。

 移動距離は1時間半で約300メートル。もっとやらせてほしくなった。(黒川裕生)

 ■メモ 矢田川のコースは現在2カ所あり、参加者の年齢構成などに応じて実施場所を決める。次回は8月27日。定員は15人で、大人4千円、子ども3500円。

 インストラクターに空きがあれば、イベント以外の日でも事前予約、参加3人以上で対応可能。その場合は大人、子ども共に1人6千円。9月上旬まで。

 マネジャーの古岡さん、インストラクターの岡田絵美さん(37)は「大自然の中でチャレンジを楽しむ、これぞ夏のだいご味です」とPRする。美方高原自然の家とちのき村TEL0796・97・3600

但馬の最新
もっと見る

天気(12月17日)

  • 9℃
  • 1℃
  • 20%

  • 6℃
  • 0℃
  • 60%

  • 9℃
  • 2℃
  • 10%

  • 8℃
  • 0℃
  • 40%

お知らせ