但馬

  • 印刷
但馬牛に引かれ、かつての風景を再現した花嫁行列=但馬牧場公園
拡大
但馬牛に引かれ、かつての風景を再現した花嫁行列=但馬牧場公園
但馬牛に引かれ、かつての風景を再現した花嫁行列=但馬牧場公園
拡大
但馬牛に引かれ、かつての風景を再現した花嫁行列=但馬牧場公園
パフォーマンス部門で優勝した大谷婦人会の演技=但馬牧場公園
拡大
パフォーマンス部門で優勝した大谷婦人会の演技=但馬牧場公園

 名牛「但馬牛」の素晴らしさをPRする「第24回但馬“牛まつり”」が24日、兵庫県新温泉町丹土の但馬牧場公園で開かれた。但馬牛の牛車に乗った花嫁の行列や、パフォーマンス、但馬ビーフの焼き肉販売などがあり、約1万5千人の来場者が但馬牛の魅力を満喫した。

 但馬3市2町やJAたじまなどでつくる実行委の主催。かつて但馬各地であった花嫁行列の再現で、花嫁を務めたのは、同町の地域おこし協力隊員、村田瑞樹さん(22)。但馬杜氏による「長持唄」に合わせて、牛車で園内を行進し、観客から声援を浴びたり、携帯電話などで撮影されたりしていた。村田さんは「大勢の人に注目されて、恥ずかしかったが、楽しかった」と笑顔で話していた。

 一方、但馬牛をイメージした造形物とパフォーマンスのコーナーには但馬の4グループが出場した。香美町香住区の大谷婦人会は、時代劇でおなじみの水戸黄門一行が、ウエディングドレス姿の但馬牛とともにおいしさをアピールする寸劇や、ダンスを披露し、パフォーマンス部門で優勝。支部長の中村明子さん(49)は「みんなで集まって、わいわいと制作したり、アイデアを出し合ったりして楽しかった。優勝もでき、参加したかいがあった」と喜んでいた。

 会場では但馬杜氏が造った日本酒の試飲や、さまざまな但馬ビーフ料理の販売、伝統芸能の披露なども繰り広げられた。(小日向務)

但馬の最新
もっと見る

天気(10月18日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 20℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ