但馬

  • 印刷
「植村直己冒険賞」を受け取る平出和也さん(左)=日高文化体育館
拡大
「植村直己冒険賞」を受け取る平出和也さん(左)=日高文化体育館

 兵庫県豊岡市日高町出身の冒険家、植村直己さんにちなんだ「植村直己冒険賞」の授賞式が30日、同町袮布の日高文化体育館であった。受賞者で、アルパインクライマーや山岳カメラマンとして活躍する平出和也さん(38)=横浜市=が、「未知への挑戦」と題して講演した。

 同賞は1996年に始まり、極地や高所登山などに挑戦する人たちを表彰。登山家の山野井泰史、妙子夫妻や野口健さんら、18個人・組が選ばれてきた。

 平出さんは長野県生まれで、酸素ボンベや固定ロープを使わない単独行の登山スタイルが特徴。世界最高峰エベレストに3回登頂したほか、7千メートル級を超える山々で未踏ルートへの挑戦も続けてきた。アルピニストとしての姿勢に加え、山岳カメラマンとして挑戦者らの息吹を記録し、伝えている点などが評価された。

 授賞式では、平出さんは「山は私にとって究極の遊び。支えてくれる多くの人を代表しての受賞で、感動を分かち合えてうれしい」とあいさつ。講演では「私は今、山を舞台に真剣に遊んでいます」とユーモアを交えて話した。

 凍傷や命の危険がある状況を乗り越えて挑戦を繰り返し、憧れの山への登頂をかなえた過程などを説明。冒険家らとの登山で感じたことや、最新機器を使った撮影なども紹介し、「今後は人の夢を支え、人のために時間を使えるようになりたい」などと語った。

 授賞式には、特別賞を受けた障害者支援施設「はんしん自立の家」(宝塚市)の利用者やボランティアら約60人も出席。「賞をもらい、私たちも夢に向かって前へ前へと進んでいきたい」と喜んでいた。(阿部江利)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月18日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ