但馬

  • 印刷
奈良井巳城さんの演奏に合わせ、一緒に歌を歌う子どもたち=豊岡小学校
拡大
奈良井巳城さんの演奏に合わせ、一緒に歌を歌う子どもたち=豊岡小学校

 子どもたちが、プロの演奏家による生演奏を少人数で楽しむ「ピティナ学校クラスコンサート」が2日、兵庫県豊岡市中央町の豊岡小学校であった。3年生2クラスの58人が、クラスごとに“演奏会”に参加。音大講師を務めるピアニスト奈良井巳城さん(44)=東京都=が奏でる、豊かな音色に耳を傾けた。(阿部江利)

 一般社団法人「全日本ピアノ指導者協会」が全国各地で開いており、但馬では2010年から実施している。授業と同じ45分間で、プロの音楽家とごく近くでふれあい、演奏も聴きながら音楽の楽しみ方を教わる。

 奈良井さんはこの日、バッハを模したかつらをかぶって登場。この姿が当時の演奏家のファッションだったと説明した後、バッハの「フランス組曲」を演奏した。続いて中が見えるようにしたグランドピアノを演奏。周りをぎっしりと囲んだ児童らも、興味津々の様子で弦の動きなどに見入っていた。

 児童たちは、悲しい気持ちが込められたという曲では神妙な表情になり、一転して「ドラえもん」の演奏ではリズムに乗って一緒に歌った。奈良井さんは子どもたちに、「世の中には、私が人生をかけても弾ききれない曲がある。皆さんも、曲に込められた気持ちに共感しながら音楽を感じて」と呼び掛けた。

 男児(9)は「一緒に『キセキ』の曲を歌えて楽しかった」、女児(9)は「手の動きが速くて、手が100本くらいありそう。生演奏を聴けてうれしかった」と笑顔を見せていた。

但馬の最新
もっと見る

天気(12月18日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ