但馬

  • 印刷
秋らしい食べ物や植物の名前を冠した生き物を紹介する水槽=城崎マリンワールド
拡大
秋らしい食べ物や植物の名前を冠した生き物を紹介する水槽=城崎マリンワールド

 本格的な秋の訪れに合わせ、兵庫県豊岡市瀬戸の城崎マリンワールドで、「食欲の秋」にちなんだ魚介類を紹介する企画展が始まった。「まんじゅう」や「クリ」などの食べ物や、モミジやススキなど秋らしい言葉を冠した名前の生き物12種類を紹介するほか、野菜の香りがする魚も展示。同施設は「視覚や嗅覚など、五感で展示を楽しんでほしい」とPRしている。12月上旬まで。(阿部江利)

 同施設ではこれまでにも、ダンゴウオ科の「コンペイトウ」など2種類を展示。今回の企画展に合わせ、新たに縦45センチ、横60センチの水槽を用意し、秋にちなんだ10種を入れて紹介し始めた。水槽の回りにも、ススキやモミジなどを飾って秋らしさを演出している。

 企画を担当した飼育員の松山祐介さん(35)のお勧めは、赤い目と丸い体形が特徴の「マンジュウイシモチ」や、まんじゅうのような殻を持つ「スベスベマンジュウガニ」。ゴマハギやウミキノコなど、ユニークな名前の魚介類も目を引く。またそれぞれの生き物の名前を、クイズ形式で楽しみながら確認できるようにしている。

 食べ物にちなんだ企画では、セイウチやアザラシの餌「カラフトシシャモ」のにおいをかいで、ある野菜の香りがすることを確認できるコーナーもある。松山さんは「展示された生き物に、どんな食べ物の名前が付けられているのか当ててみて」と呼び掛ける。同施設TEL0796・28・2300

但馬の最新
もっと見る

天気(12月18日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ