但馬

  • 印刷
つぶらな瞳の「きなこ」=城崎マリンワールド
拡大
つぶらな瞳の「きなこ」=城崎マリンワールド
母親やきょうだいと一緒にショーデビューしたきなこ(中央)
拡大
母親やきょうだいと一緒にショーデビューしたきなこ(中央)

 兵庫県豊岡市瀬戸の城崎マリンワールドで6日、ゴマフアザラシの「きなこ」(2歳、雌)がアザラシのショーにデビューした。ショーでは既に、兄「ドングリ」(10歳)、姉「あずき」(7歳)が活躍しており、きなこが加わり、3きょうだいが勢ぞろいした。人気者の兄と姉に負けじと、つぶらな瞳で愛きょうを振りまき、来園者を和ませている。

 3きょうだいは、同園で飼育されている「クルミ」の子で、名前はそれぞれ一般公募で決められた。兄は高いジャンプが得意な芸達者で、姉も大きな瞳が特徴の“美人”と評判となっている。

 きなこは2015年3月生まれで、今年5月に前脚振りなどの種目の練習を始めた。少し怖がりだが、好奇心旺盛で覚えるのも早いという。この日は、同プールの名物ショー「ロッククライミング」に挑戦、前脚を器用に使い、斜面を何度も上り下りし、餌をもらった。他のアザラシより一回り小さなきなこが頑張る姿に、観客も熱い声援を送った。

 今後、一緒に前脚振りをするなど3匹そろっての芸も取り入れたい、という。飼育員の伊藤瑛梨さん(25)は「ガラス越しにお客さんと遊ぶのも大好き。きょうだいそろって、マリンワールドのアイドルのような存在になってほしい」と期待を込めている。アザラシショーは午前11時35分と午後3時5分の1日2回。同園TEL0796・28・2300

(阿部江利)

但馬の最新
もっと見る

天気(12月18日)

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

  • 7℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 0%

  • 8℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ