但馬

  • 印刷

 「河川敷の木、いりませんか?」-。国土交通省豊岡河川国道事務所は、円山川下流や出石川の河川敷に生えている樹木を伐採し、活用してくれる人を募集している。川の流れや視界を遮るなど、伐採が必要な樹木が対象で、無料。自分で伐採や搬出ができることが条件で、使い道は燃料や家畜の餌などを想定しているという。

 樹木の伐採は、河川法に基づいて許可されており、希望者を募る取り組みは、コスト削減や資材活用などを目的に各地で実施されている。円山川では試験的に昨年初めて行い、2人がまきや木材などに活用した。

 今年は、円山川右岸の豊岡市下鶴井から豊岡大橋付近▽円山川両岸の立野大橋から円山大橋付近▽出石川の左岸で出石町片間から伊豆橋付近、の3地域が対象。主にエノキやヤナギ、オニグルミなどの広葉樹が生えているという。個人や団体、企業などで、希望する本数や地域を申し込む。生態系を守るため、一部伐採できない場所もある。

 募集は2回。1期が13日までで、2期は25日~11月8日(いずれも必着)。必要書類は同事務所のホームページから。同事務所が審査し、伐採者や本数などを決める。採取期間はそれぞれ10月末と11月末から、来年3月末まで。同事務所TEL0796・22・3126

(阿部江利)

但馬の最新
もっと見る

天気(10月18日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 60%

  • 20℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 60%

  • 21℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ