但馬

  • 印刷
セコガニ積みに悪戦苦闘する出場者=香住漁港西港
拡大
セコガニ積みに悪戦苦闘する出場者=香住漁港西港
お目当てを競り落とそうと白熱する「素人せり市」=香住漁港西港
拡大
お目当てを競り落とそうと白熱する「素人せり市」=香住漁港西港
飛び交うちくわに必死で手を伸ばす来場者たち=香住漁港西港
拡大
飛び交うちくわに必死で手を伸ばす来場者たち=香住漁港西港

 今年もいよいよこの季節がやって来た。マツバガニ(ズワイガニ雄)漁の解禁と、冬の観光シーズン到来を祝う「第35回かすみ松葉がにまつり」が12日、兵庫県香美町香住区の香住漁港西港で催された。会場にはカニや魚の干物を焼く香ばしい匂いが漂い、県内外から訪れた約2万2千人が、カニ尽くしの一日を満喫した。(黒川裕生)

 「こっちにも投げてくれえ」。開幕を告げる恒例のちくわまき大会では、興奮した来場者から悲鳴にも似た声が飛び交い、まつりはいきなり最高潮に。カニすき雑炊の早食い、セコガニ(ズワイガニ雌)を高く積む競争、海産物の「素人せり市」など、ステージでは誰でも参加できる企画が、矢継ぎ早に展開された。

 香住高校3年の男子生徒(17)は早食い競争で惨敗。「雑炊は熱くて味が分からず、熱湯を飲まされている気分だった」と苦笑いしつつも、「寮生活3年目で初参加。せっかくなので楽しんできます」と友人たちと人混みに消えていった。

 会場では活マツバガニはもちろん、天ぷらや甲羅焼きなどのカニ料理、町の特産品なども販売され、あちこちで長い列ができた。20年以上“皆勤賞”というトラック運転手(48)=大阪府枚方市=は「人生一番の楽しみ。ここに来んとわしゃ年末を迎えられんのや」とビールを手にご機嫌だった。

但馬の最新
もっと見る

天気(11月21日)

  • 11℃
  • 6℃
  • 20%

  • 10℃
  • 5℃
  • 60%

  • 11℃
  • 6℃
  • 10%

  • 10℃
  • 4℃
  • 30%

お知らせ