但馬

  • 印刷
但馬検定3級に合格した〓暁鳳さん=豊岡市、とよおか日本語教室※〓は「郁」の「有」が「赤」
拡大
但馬検定3級に合格した〓暁鳳さん=豊岡市、とよおか日本語教室※〓は「郁」の「有」が「赤」

 兵庫県但馬地域の歴史や文化などの知識を問う「但馬検定」で、中国・山東省出身の〓暁鳳さん(32)=豊岡市日高町在住=が3級に合格した。同検定は今年で12回目だが、外国人が受験し、合格するのは初めて。〓さんは「日本も但馬も大好き」と話し、さらに難しい2、1級への挑戦にも意欲を見せる。今後も実際に名所に足を運ぶなどして勉強を続けるという。(阿部江利)

 但馬検定は、公益財団法人「但馬ふるさとづくり協会」が2007年度から毎年実施。今年も1~3級に137人が挑み、3級は51人中45人が合格した。

 〓さんは06~09年に初来日し、愛媛県松山市の食品工場で研修生として働いた。自然の美しさや人の優しさにひかれ、10~12年に再来日し、留学生として神戸市の日本語学校や大学で学んだ。今回が3度目の来日で、食品加工業「但馬どり」(豊岡市日高町)で研修生として働き、「とよおか日本語教室」(同市城南町)で語学のレベルを高めている。

 但馬検定へは、恩師の同教室スタッフ畑中照久さん(74)らの勧めで挑戦。今年7月中旬から、始業前の15分間を利用してテキストを使って勉強を始め、初挑戦で合格した。「運が良かった。同僚とバスなどで但馬の観光名所や温泉を巡ったのが良かったのかも」と謙遜する。

 現在は、「中国語には敬語の表現はなく、美しいと思った」という理由から敬語を勉強中。受験を通じ、コウノトリと共生する無農薬栽培などにも感銘を受けたといい、「中国でもぜひ取り組むべき。ゆくゆくはガイドとして、中国を始め各地の人に但馬の良さを伝えたい」と意気込む。

※〓は「郁」の「有」が「赤」

但馬の最新
もっと見る

天気(12月19日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 7℃
  • ---℃
  • 60%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ